OneDriveのインストールと使い方

公開日: 2014年10月23日


eyacatch-onedriveこんにちはMomoTaroです。

今回は、
OneDriveのインストールと使い方

について解説していきたいと思います。

 

【目次】※リンクをクリックすると該当箇所に自動スクロールします。

■OneDriveとは?

■OneDriveのインストールと各種設定
・STEP1.Microsoft OneDriveの公式サイトへ
・STEP2.Microsoftアカウントの新規登録
・STEP3.OneDriveアプリを端末にダウンロードする
・STEP4.ファイルをアップロードする

 

OneDriveとは?

OneDriveのインストール方法の解説をする前に、
「そもそも、OneDriveとはいったい何なのか?」というところから
説明しておきます。

 

OneDriveとは、
Microsoft社が提供しているオンラインストレージサービスの事です。

オンラインストレージサービスとはその名の通り、
オンライン(インターネット経由)でストレージ(一般的にはハードディスクドライブ)
を利用することができるサービスのことです。

 

で、OneDriveというのは、
Microsoft社に保管されている(超大量の)HDDの一部(※OneDriveは15GBまで)を
無料で使わせてもらうことができるサービスなんですね。

「インターネット経由で使える無料レンタルスペース」
と言えばイメージしやすいでしょうか。

 

オンラインストレージサービスは現在、OneDrive以外にもたくさんありますが、
このようなサービスをいくつか使えるようにしておくと
様々なメリットがあります。

 

例えば、
あなたが普段使っているPCが突然壊れてしまったとしましょう。

 

もしそんな最悪の事態が起きてしまった場合、
PC内に保存しておいた画像、動画、PDFなどなど…膨大な量のデータは一瞬でパァです。

 

恐ろしすぎますね…(笑)

 

しかし、
あなたのPCとOneDriveを常に同期しておけば、こんな最悪な事態が起きたとしても大丈夫。

 

インターネットにつながった端末(別のPCやスマートフォンやタブレットなど)さえあれば、
どこからでもそれらのデータを見ることやダウンロードすることが可能です。

 

このようにOneDrive(オンラインストレージ)はバックアップとしても使えますし、
外出先でもオンラインの端末さえあれば
いつでも目的のデータにアクセスすることができるので非常に便利です。

 

また、
リスク分散をするという意味では、ひとつのオンラインストレージだけではなく、
複数のオンラインストレージを使ったり、USBメモリーやSDカードなどにも
それぞれデータを保存しておいたほうが良いですね。

 

最低でも、絶対になくしてはいけないデータに関しては
複数のバックアップを取っておくようにしましょう。

 

OneDriveのインストールと各種設定

それではここから、
OneDriveのインストールと各種設定の方法について解説していきます。

一つ一つ進めていけば決して難しくないので、以下の解説を参考にしながらやってみて下さい。

 

STEP1.Microsoft OneDriveの公式サイトへ

まず、下記のリンクからOneDriveの公式HPへ移動して下さい。

Microsoft OneDrive・公式HP(外部サイト)

 

OneDriveの公式サイトへ移動すると、「新規登録」「サインイン」という部分があります。

もしあなたがMicrosoftのアカウントをお持ちであればサインインをクリックして下さい。
アカウントを持っている方はSTEP3へ ※クリックすると説明箇所に自動スクロールします。

1-1Microsoft-OneDrive
 

Microsoftのアカウントをお持ちでない方は新規登録をクリックしましょう。
アカウントを持っていない場合は次のSTEP2へ

 

STEP2.Microsoftアカウントの新規登録

STEP1で「新規登録」をクリックすると、
このような「個人用」「ビジネス」を選択する画面が開きますので、
こちらは個人用をクリックして下さい。

1-2MicrosoftOneDrive
 

次に「アカウントの作成」という画面が開くので、必要事項をすべて記入していきましょう。

1-3Microsoft-NewAccount
 

※入力項目の2番目に「ユーザー名」を入力する部分がありますが、
使い慣れたメールアドレスを使いたい場合はすぐ下の普段使っているメールを使う
をクリックすれば入力ボックスを切り替えることができます。

1-4Microsoft-NewAccount
 

すべて入力したらアカウントの作成をクリックして下さい。

1-5Microsoft-NewAccount
 

すると、先ほど入力したメールアドレス宛てに、
本人確認のためのメールが送信されたという内容のアナウンスが出ます。

1-6Microsoft-NewAccount
 

登録したメールボックスを確認してみましょう。
「お使いのメールアドレスの確認」という件名のメールが届いているはずです。

そちらのメールを開き、
メール本文内の本人確認(メールアドレス)のリンクをクリックして下さい。

1-7Microsoft-NewAccount
 

正しく本人確認ができたという画面が開いたらOKをクリックしましょう。

1-8Microsoft-NewAccount
 

 

STEP3.OneDriveアプリを端末にダウンロードする

次に、OneDriveの各種設定をしていきます。

OneDriveのメインページが表示されたら、
まず、画面左下にあるOneDriveアプリの入手をクリックします。

1-9Microsoft-OneDrive
 

アプリをダウンロードしたい端末を選択して、
通常版のOneDrive側の今すぐダウンロードをクリックしましょう。

1-10Microsoft-OneDrive
 

すると、すぐにOneDriveのセットアップファイルがダウンロードされるので、
ダウンロードされたセットアップファイルを開いて下さい。

1-11Microsoft-OneDrive
 

※セットアップファイルが見つからない場合はダウンロードフォルダ等を探してみて下さい。

1-12Microsoft-OneDrive
 

セットアップファイルを開くと、このようなダイアログボックスが表示されます。
実行をクリックしましょう。

1-13Microsoft-OneDrive
 

使ってみるをクリックします。

1-14Microsoft-OneDrive
 

STEP2で作成したMicrosoftアカウントとパスワードを入力して
サインインをクリックして下さい。

1-15Microsoft-OneDrive
 

次へをクリックします。

1-16Microsoft-OneDrive
 

「OneDrive上のすべてのファイルとフォルダー」を選択して
次へをクリックしましょう。

1-17Microsoft-OneDrive
 

「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスできるようにする」
チェックが入っていることを確認して完了をクリックします。

1-18Microsoft-OneDrive
 

すると、あなたのPCにOneDrive用フォルダ(OneDriveアプリ)が作成されます。

こちらのOneDrive用フォルダ(OneDriveアプリ)に入れたファイルが自動的に同期されます。

1-19Microsoft-OneDrive
 

 

STEP4.ファイルをアップロードする

それでは実際に、OneDriveにファイルをアップロードしてみましょう。

 

ここでは例として画像ファイルをアップロードしてみたいと思います。

自分のPC内に保存されている画像ファイルを、先ほどのOneDriveアプリに移動してみます。

1-20Microsoft-OneDrive
 

試しにOneDrive(オンラインストレージ)を確認してみると…。

1-21Microsoft-OneDrive
 

いま入れた画像ファイルが、しっかりとアップロードできていますね。

 

このように、一度OneDriveにアップロードされたファイルは、
OneDriveアプリがインストールされた端末(別のPCやスマートフォンやタブレットなど)で
どこからでも閲覧することやダウンロードすることができます。

 

オンラインストレージはとても便利ですので、ぜひ使いこなせるようにしておきましょう。

 

以上、
OneDriveのインストールと使い方についての解説でした。

 

この記事へ1件のコメント

  1. フッキー
    2015年1月14日 7:23

    one driveめちゃくちゃ良い物ですね。

    パソコンがいつ壊れるかけっこう不安だったりする。

    大事な資産が一瞬で消えさったら、ヤバイですからね。


    ぜひ導入したいと思います。

    勉強になりました。
    有り難うございます。

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む